ホーム > とわの活動 > 第1回 澄和Futurist賞 表彰式の様子

第1回 澄和Futurist賞 表彰式の様子

Futurist賞表彰式の様子

10月8日(澄和の日)に毎日新聞紙面を通じて発表した第1回澄和Futurist賞(主催/一般財団法人 澄和、後援/毎日新聞社)。
その表彰式を去る10月27日(木)に東京都千代田区内・如水会館にて開催しました。

3組の受賞者の皆さまをお迎えし、また、来賓として財界をはじめ、公益法人、スポーツ界や芸能界などから合計140名の方々が出席され、賞のサブタイトルにあるとおり和やかな式典となりました。

澄和Futurist賞は、「人の和」「自然との調和」も含めた広義の平和関連テーマに地道に取り組む方々を応援するためのものです。今回はたまたま非戦にまつわる方が選ばれましたが、それにしてもこのような賞は意外と珍しいようです。

一般財団法人 澄和では、この顕彰事業を軸に他の事業と組み合わせながら、私たちが描く「和む世界」の実現に向けて様々な方々と手を携えながらじっくりと取り組んでいきます。

また、第2回目は自然環境分野も含めた一般公募も行いながら、より広い視野で次なる「Futurist」を探し、応援していきます。

引き続き澄和の活動にご注目ください。よろしくお願いいたします。

受賞者の皆様からのコメント(要旨)

Futurist賞表彰式の様子吉永 小百合様第1回目ということと中山さん、窪島さんと一緒にいただくことを重く受け止め、嬉しく思っています。
Futuristを辞書で調べたら、「未来志向の芸術家」と出ていました。私自身は、今日を精一杯生きることが明日につながると思っています。これからもできる範囲で少しずつ活動を続けてまいります。
Futurist賞表彰式の様子中山 きく様小さな会の活動を評価していただき、言い知れない喜びを感じています。人生最良の日になりました。
会の活動は閉じましたが、平和への思いは変わりません。受賞を励みに沖縄の真の平和を求め、基地の整理・縮小と新基地建設阻止に向けて、これからも無理のない活動を続けていきたいと思っています。
Futurist賞表彰式の様子窪島 誠一郎様画学生たちは、平和運動のために絵を描いていたわけではなく、ある人は愛する人を、また、ある人は家族を…。
命を尽くした自己表現を戦争を伝えるための道具だけに使って良いのかと自問自答を繰り返し今に至ります。
また、戦争を知らない自分がこうした美術館を率いることの葛藤もありますが、受賞に感謝します。

パーティーの様子

小椋佳様と伊藤美誠選手
『澄和の歌』作詞の小椋佳様と伊藤美誠選手で乾杯
古賀誠評議員、平尾昌晃理事
古賀誠評議員、平尾昌晃理事をはじめさまざまな方から叱咤激励スピーチをいただきました
受賞者の皆様の活動状況を映像で紹介
受賞者の皆様の活動状況を映像で紹介
選考委員の皆様
選考委員の皆様
女優・水野真紀さんは伊藤美誠選手
女優・水野真紀さんは伊藤美誠選手とメダルを手にニッコリ
会場内は終始和やかな雰囲気
会場内は終始和やかな雰囲気が溢れました


Copyright© 一般財団法人 澄和 All Rights Reserved.